スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who is strongest FW?

キャリアのピークにさしかかろうとしていた矢先、右膝十字靭帯断裂で2年近くピッチを離れたにも関わらず、バロンドール2回受賞、FIFA最優秀選手賞3回受賞という輝かしい経歴を持つ怪物ロナウド。
そんな彼に対して、他プレイヤーがインタビューで語ったものを知っている分だけまとめました。


>クリスティアン・パヌッチ
■最も印象に残っているFWは誰?

「一人に絞るのは難しい。チームメイトにも敵にも一流がいたからね。最初はジェノア時代にチームメイトだったトマシュ・スクラビー。彼は非凡なFWだった。その後はサビチェビッチ、ラウール、トッティと同じチームでプレーした。

けれど、最もマークするのが難しかったという意味では、やっぱりロナウドだろう。彼はあだ名のとおり、まさに『フェノーメノ(怪物)』だった。怪我に苦しんでいないときの彼を止めるのは本当に不可能だった。スピードに乗ったときはもちろんだけど、止まった状態でも抑えることができなかった。捕まえたと思っても、跳ね返されてしまうんだ」


>ズラタン・イブラヒモビッチ
■君が考える理想のストライカーとは?目標とする選手は誰?

「真面目な話、自分も悪くないと思うね。俺が監督なら『イブラヒモビッチ』を信頼する(笑)。もっと真剣に答えるならロナウドだね。彼は誰にも似ていないアタッカーだ。大きな怪我がなかったら、もっと活躍できただろう。バルセロナ時代、インテル時代のアイツは他のアタッカーにないものを持っていた。そうだな、俺が一番興奮したストライカーといえば断然ロナウドだな」


>ジャンルイジ・ブッフォン
■対戦した相手のうち、最も強かった選手は誰?

「本物の方のロナウド※1は、僕にとって誰も到達できないカンピオーネ(最高の選手)なんだよ。彼は最も偉大な選手のひとりとして、ずっと覚えられていくだろう。誰よりも優秀になれたはずなんだ。マラドーナやペレよりもね」
※1:この時期、C・ロナウドが注目されていた為、このような表現を使った。


>オリバー・カーン
■これまで対戦してきた中で最も嫌だったFWは誰?

「最強のFWだと思ったのはロナウドで間違いないが、最も嫌だったとなるとインザーギ(ミラン)だな……。知っての通り、奴はスーパーFWってわけじゃない。だが、大事な試合のたびに、奴は俺からゴールを奪ってきた。いつもだ!あいつは何てイラつく奴なんだ!」

カーンは半分、インザーギに向けてですが・・・。

時代を代表するGK2名が共に同じ名をあげるというのが、凄さを表している気がします。
怪我が無ければ、伝説は更に続いたでしょう。

話はそれますが、試合への意気込みやチームに対してというお題のインタビューだと、どの選手も模範的回答が多く、読む側としては物足りない事が多いです。
でも、こうしたお題だと選手個々の色がはっきり出て面白いですね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
広告
プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
千葉県在住 34歳

WCCFはまったりやってます。
他にも色々書くと思います。

相互リンクご希望の方はお声がけください。

リンク
最近のコメント
最近の記事
FC東京
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Foreign language conversion
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。